ブログトップ
建築都市常任委員会
2月定例議会も今日で28日目です。今日は常任委員会が開催され、議案審査4件と所管事務調査3件が審議されました。
議案審査は
①福岡県建築都市関係手数料条例の一部改正する条例の制定について
②福岡県美しいまちづくり条例の一部改正する条例の制定について
③工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
④流域下水道管理事業の経費の負担についての議決内容の一部変更についてで、審査の結果賛成多数で可決されました。
所管事務調査は
①公共事業再評価対象事業の対応方針の決定について
②福岡県県営住宅管理審議会答申について
③県営住宅における駐車場管理についての調査事項が報告されました。
その中で、県営住宅の明け渡し請求では、平成20年12月末現在において、3か月以上家賃滞納者868名のうち、長期滞納で解消指導に従わない滞納者110名に対し明け渡し請求を行うと説明がありました。また、住宅困窮者に対し、現行の抽選による入居方式に加え、住宅の困窮度が高い世帯から優先的に県営住宅に入居できる、ポイント方式による入居募集を実施する報告もありました。
ポイント方式は、
①住居水準の状況
②所得等の状況
③高齢者・障がい者・一人親・母子家庭等、社会的弱者の状況によりポイント評価するとの報告でした。
d0106101_11593281.jpg

[PR]
by koike9292 | 2009-03-23 17:14 | 活動報告