ブログトップ
12月議会一般質問
今日は一般質問の2日目です。本日の登壇者は6人で、私は最後のトリを務めます。通告内容は、①新型インフルエンザについて。②児童相談所について。を質問いたしました。
新型インフルエンザが発生し流行したときの、本県の患者数は100万人と予測されています。本県のタミフルの備蓄量も現在の23%から45%に引き上げるように国からの指導があっていますが、いつ発生し大流行してもおかしくない脅威の「新型インフルエンザ」は、国家的な危機であり、国が必要量のタミフルを確保すべき問題であると思います。
児童相談所の件は、9月議会に引き続き質問をいたしました。県内には4箇所の児童相談所がありますが、現在の児童虐待は高い水準で推移し複雑で対応困難な事例が多く、その対応には、児童相談所の機能強化に向けて専門性の向上や機動力を高めていかなければなりません。
今後も引き続き取り組んで行きます。
d0106101_101464.jpg

[PR]
by koike9292 | 2008-12-10 22:16 | 活動報告