ブログトップ
予算勉強会
民主・県政クラブ会派の平成20年度当初予算勉強会が、2月21日・22日の2日間で行われ、初日は教育庁・総務部・県土整備部・建設都市部・企画地域振興部・農林水産部・商工部、2日目は環境部・警察本部・保健医療介護部・労働福祉部から来年度の予算についての詳細な説明を受けました。21日の朝刊に福岡県の「08年度検討所予算案」が掲載してあります。一般会計当初予算案は、総額1兆5349億円で前年比0.1%増となり、3年連続の増額となりました。歳入は、法人二税が大幅な減収を見込み税収の伸びは鈍く、県債発行残高が過去最高になる見通しとなりました。歳出では人件費や行政施策費などを抑制しましたが、社会保障費や公債費などが増え、基金を148億円取り崩しての予算編成となりました。 麻生知事は、「苦しい中での予算編成だが、工夫を尽くし創造に向かった」と述べました。
しかし、今回の予算案は、道路特定財源の暫定税率が延長されると見越し予算編成が行われたことは疑問に思うところであります。
福岡県では予算案を含む49議案を、27日に開会する2月定例県議会に提出します。
d0106101_843732.jpg

.
d0106101_8433843.jpg

[PR]
by koike9292 | 2008-02-22 22:45 | 活動報告