ブログトップ
民主議員ネット福岡・定期総会及び勉強会
民主議員ネット福岡の定期総会及び勉強会が北九州市のホテルで、大勢の民主党議員が集まり盛会のおこなわれました。勉強会では、東京大学大学院の神野直彦教授により「真の地方分権を実現する希望の構想」と題し、地方自治憲章や地方分権、財政調整、ジニ係数、租税負担率などの説明があり、参加議員も熱心に取り組み、質問が多く予定時間をオーバーするほどに盛り上がりましたその中で最も関心を持ったのが、ジニ係数の数値でした。この数値は国が3年に1度調査を行い、国民の所得格差を示す数値です。2002年は0.4983で2005年は0.5263です。例えばジニ係数が0.5だとすると、国民を100人とすれば、25人が勝ち組で残り75人が負け組みとなります。総所得も100万とすれば、勝ち組の25人が所得の75万を分配し、残りの25万を負け組みの75人で分け合うことになります。2005年に初めて0.5を超えた事は、小泉首相が推し進めた三位一体改革や、様々な規制緩和等により国民の格差が益々広がったことを裏付けていると思います。「国民の生活が第一」
d0106101_9583349.jpg

民主議員ネット福岡代表「江藤博美」福岡市議のあいさつ
[PR]
by koike9292 | 2008-01-27 22:12 | 活動報告