ブログトップ
ボーイズリーグ「須恵バッファローズ」新年会
糟屋郡須惠町に拠点を置き、歴史と伝統を誇るボーイズリーグ「須恵バッファローズ」新年会が行われ、保護者とも親交があったきっかけで、私も招待を受けました。部員は総勢約30人の中学生のチームです。中には中学校1年生の女性部員の姿もあり、礼儀を重んじた活気あるチームでした。冒頭、小島代表の新年のあいさつで始まり、野球が出来る喜びと、野球が出来る感謝を忘れることなく、これからも怪我などしないように目標を持って日々努力して欲しいと述べられました。稲岡監督は指導力もあり、人としても素晴らしく尊敬できる方です。これからも青少年の健全育成の場としても、また、チームが春・秋の全国大会に出場し輝かしい成績を残せるように手腕を発揮していただきたいと思っています。
代表・監督さんとの会話の中で、少年野球人口は増えているが、硬式野球が出来るグランドがあまりにも少なく、球場確保が喫緊の課題だと強く述べられていました。私も、硬式野球が出来るグランド確保の実現に向けて、地域や県議会においても精力的に活動して行きますので、関係各位のご支援をよろしくお願いします。
保護者のみなさま、たくさんの料理でもてなしていただき、心から感謝・お礼申し上げます。ありがとうございました。
d0106101_10161047.jpg

今年1年の抱負を述べる部員たち《Boys, be ambitious.》
[PR]
by koike9292 | 2008-01-06 20:40 | 活動報告