ブログトップ
警察常任委員会開催
任期中最後の2月定例議会における警察常任委員会が開催され、平成23年度一般会計暫定予算(警察所管分)433億1583万7000円の歳出予算の説明や、23年度に48人の増員による警察組織及び定員に関する条例改正案などが説明されました。
また、委員からは、本年2月9日に北九州市小倉北区の建設会社現場事務所において、指定暴力団四代目工藤會の犯行と思われる、けん銃を使用した殺人未遂事件についてや、粕屋町で発生した飲酒交通死亡事故について県警の対応の強化を求める意見がありました。
執行部からは、2月14日(月)北九州市小倉北区の北九州メディアドームで工藤會の事務所撤去を求める「北九州市民緊急暴力追放決起大会」を開催し、大会には、雨天にも関わらず、北九州市民約1,500人が集結し、その後、工藤會本部事務所前までパレードを行い、事務所撤去を要求するとともに、「暴力団は北九州から出て行け」等シュプレヒコールを繰り返し、暴力追放の決意を強く訴えた旨の説明がありました。
委員会閉会後、樋口明委員長と私とで警察常任委員会の正副委員長の大任を2年間無事にまっとうすることが出来たことを各委員の方々や、執行部の方々にお礼の挨拶をいたしました。
1期生でありながら、警察常任委員会の副委員長という大役を仰せつかり、
本当に2年間大変貴重な体験をさせていただきました。これからも県民が安全で・安心して暮らせる社会創りに頑張っていきます。
ありがとうございました。
d0106101_19323011.jpg

 左から、田中正勝委員・森下博司委員・助信良平委員・富田徳二委員
 小池邦弘副委員長(中央左)・樋口明委員長(中央右)
 中村明彦委員・蔵内勇夫委員・藤田陽三委員・井上貴博委員・林裕二委員
d0106101_1053355.jpg

 私と樋口明委員長
d0106101_10535280.jpg

[PR]
by koike9292 | 2011-02-17 20:12 | 活動報告