ブログトップ
県議会一般質問(1日目)
今日から明日までの2日間で一般質問が行われます。初日の我が会派の登壇者は、トップバッターとして若きエースで春日・那珂川選挙区より選出の「岸本善成議員」が登壇し、「雇用対策について」「福岡県における都市計画道路の整備について」鋭く知事や部長に質問をしました。また、午後からは京都郡より選出の「畑中茂広議員」が「集中改革プランについて」「自治体職員の実態と地域主権について」を質問しました。自治体職員の質問の中で麻生知事は、知事就任当初の県職員の人数は約1万1000人であったのが、4期16年の間で、約3000人削減し、現在では約8000人弱の職員になったと答弁がありました。しかし知事も職員をこれ以上削減することは難しいとの見解を示されました。現在、職員の中で事務量の増加などにより精神的疾患などで病気療養中の職員も増えており、自治労組織内議員としても山積する問題にこれからも積極的に取り組んで行きます。
d0106101_18402110.jpg

[PR]
by koike9292 | 2011-02-15 18:12 | 活動報告